超高金利をつけての返済が少しでも遅れようものならすぐさまうるさい取り立てが容赦なく

相手は法外な生業でお金儲けを企てる悪党のヤミ金からお金を借りてしまった場合の弁護士を交えての債務整理は簡単に成功を収めることができるのでしょうか。その名の如く、「闇」の金融業者ですよ!?そりゃあ、お金を貸した証拠になる借用書など残しても意味をなさないと考えている奴らですよ。

これでいて、超高金利をつけての返済が少しでも遅れようものならすぐさまうるさい取り立てが容赦なく待っていますから、仕方なく金利ばかりを何ヶ月も払わされて、その合計を計算してみると、元金の何倍もの払わなくてもよかったお金を支払ってしまったことになるうえに、元金が減っていなければ延々返済を続けていかなければならないようになっているのです。

紙による明細、痕跡を残さないようにしている口約束だけのヤミ金の場合は、弁護士に相談してもヤミ金側が証拠になるものを残さないようにしているため、まともに過払い請求ができないようにしていますから、これに対抗するにはこうしたヤミ金のすることは違法で刑事罰を与える法律がありますので、警察へ突き出さないのを条件にして過払い金を取り戻す交渉したりのやるみたいですが、これで取り戻せたケースもあれば、行方を眩まされてしまって、その後の取り立てや変な脅しは無くなるものの払い過ぎた過払い金は戻ってこないといったこともあるようです。

小規模金融でもヤミ金ではなく街金といわれる中でもちゃんと登録されている金融業者なら、過払い金の返還交渉に素直に応じてくれるところもあるようですが、なかには弁護士が介入してもなかなか厄介なところもあるようです。

こうして、なかなかを取り戻すには弁護士に頼んでも一概には難しいものがあるようですが、この辺りも相談時にどうなのか予め追い合わせておくといいでしょうから、ヤミ金の名前を聞いたときにその法律事務所で過去に交渉歴があるかもしれませんし、なにしろどんな案件でも経験豊富弁護士ならいい方法を教えてくれるでしょう。

ユーロ/米ドル:米国の非農業部門雇用者は12月のハイキングをセメントする可能性

EUR / USD:今日の非農業部門雇用者は12月のハイキングをセメントする可能性があります
(1.0750で購入)

欧州中央銀行による政策緩和の最新のラウンドは市場の期待を十分下回ったとしてユーロは、ほぼ7年間で最大の1日の急増を記録した。預金金利で10 bpのカットの6ヶ月の延長を伴っていました約ユーロ3500億価値購入プログラムは、元本返済の再投資および適格証券の拡大が地域の債務を含めます。

預金金利にあったカット10 bpのは、私たちのコンセンサス予想に沿ったものです。主「失望」はQE2の大きさで、資産購入の毎月のペースでステップアップの欠如。毎月の購入のペースはEUR 600億に残っていることを考えると、QE2 は500ユーロ億当社の予想を下回る、約ユーロ3500億になります。ドラギは、理事会の最もタカ派 ​​の派閥と予想以上に妥協しなければならなかったかのように見えます。

新しいECBの予測は、次の2年間でわずかに強く成長し、わずかに弱いインフレを想定最大リビジョンが年間+/- 0.1%ポイントに達すると。2017年のCPIは1.7%から1.6%に下方修正予想では、ECBはそれが非常に積極的な刺激時のためにプッシュすることは容易ではなかった、まだ2017年の終わりに向かってまたは早期2018に達した物価安定の下限を参照する可能性がありますスタッフの予測は、大きく変化していないマクロ見通しと物価の安定は、まだ数年以内に達成されている想定しました。

一見、市場の失望(強いユーロの上昇)は、市場の反応は、次の数日で継続していた場合は特に、財務状況の改善の大部分を反転し、ECBの突起に下振れリスクが作成されます。

市場は連邦機関の議長ジャネット・イエレンから昨日のコメントを一蹴しました。彼女の証言でYellenは、一般的に楽観的だった経済が大幅にFRBがその最初の利上げに設定された基準を満たしているか綴ります。失業率が低く、成長は緩やかなペースで継続し、Yellenは彼女がインフレが時間をかけてFRBのターゲットに戻ります確信していると述べました。Yellenはあまりにもはるかに長い利上げを遅らせるない理由の一つは、パス政策立案者が好む緩やかな速度よりも経済に、より破壊的可能性が速く増加の必要性を回避するためにあることを指摘しました。彼女は、米国経済は政策立案者が参照するジョブの成長のための暗黙のフロアを設定し、従業員への新規参入をカバーするために月未満の100kのジョブを追加する必要があると述べました。

11月雇用統計は、本日13:30 GMTにリリースを予定しています。市場は200Kで非農業部門雇用を見込んでいます。210K – 。私たちの経済学者は、わずかに良い姿を期待賃金の成長の可能性が高い先月鈍化したが、それは主に、カレンダー癖によるものであった10月の特大の利益のための投資回収になります。

今日の米国の非農業部門雇用者は12月に利上げを固めるます。我々の意見では、これは、低いレベルでユーロ/米ドルを購入する良い機会かもしれない我々は弱気トレンドが昨日のユーロのラリーの後、すでに終わっていることを期待していました。私達は1.0750で私たちの入札を配置しています。

EURUSD

重要な技術的な分析レベル:

抵抗:1.0981(高12月3日)、1.1000(心理的なレベル)、1.1073(高10月30日)

サポート:1.0790(毎時低い12月3日)、1.0725(10日のEMA)、1.0523(低12月3日)

ユーロ/スイスフラン:ECBカットはSNBの圧力に追加
(1.0790で購入)

預金金利をカットすると、QEプログラムを拡大し、最新のECBの発表では、さらなる緩和措置を提供するスイス国立銀行への圧力は、引き続き以前よりも少ない程度ではある。SNB は、切断することにより反応するというリスクがあります12月10日の会合で-1.00%と-0.25 BPによってより深いマイナスに預金金利をターゲットにしています。

さらに拡張的な金融政策の主な理由は、継続的に過大評価通貨がスイス経済に与える影響を伴います。今年の初めにフランの上昇による経済的放射性降下物は、すでに非常に落ち着いた成長数の観測可能です。第1四半期の0.3%の収縮および第二四半期には0.2%の低成長の後、スイス経済は最近停滞しました。また、消費者物価指数のインフレ率は-1.4%の前年比、歴史的な低水準で現在あります。

しかし、我々は、レート前面に別の動きを期待しないでください。我々の意見ではSNBは、それがまだ過大評価としてフランを見て、それが必要な場合は、さらに為替市場に介入する用意があることをことを指摘していきます。

SNBの決定後の失望来週はスイスフランを強化する必要があります。私たちは、スイスフランは中期的に弱いままと予想しています。それが理由です

EURCHF

ドル、ユーロ、円は金曜日の早い慣れ親しんで

ロシアがシリアにイスラム国家と戦うために、米国とそのパートナーと協力していきますが、ロシアのジェットの下にトルコの撮影のいずれかの繰り返しがある場合は、その協力は危険になり、ロシアのプーチン大統領は述べています。フランス大統領フランソワ・オランドとクレムリンで会談した後といえば、プーチン氏は、モスクワが友人だと思っていた国で裏切り行為としてジェットのダウニングを見たと言って、トルコの行動で長引く怒りを表明しました。ターゲットに関する情報の交換を含む – – しかし、彼は、彼はフランス軍との協力を強化するために、ロシアの軍事を注文すると述べ、ロシアや欧米の状態を結集し、より広い国際的な連合を作るの一部としてことを見ました。

とにかく、我々は成功した取引日あなたを望みます!

市場レビュー – 基本的な視点
ドル、ユーロ、円が感謝祭の休日のため閉鎖、米国市場の薄い取引で横にシャッフルした、金曜日の早い慣れ親しんで自分自身を発見しました。ユーロは$ 1.0600の上に保持するために管理され、最後の$ 1.0606に立っていました。これは、以前の週に設定$ 1.0565の7-1 / 2月の谷の手の届くところに残っていました。円に対して、共通通貨は遠くない129.77の7ヶ月の低速から、130.00 EURJPYといちゃつくました。来週の政策の見直しで、欧州中央銀行(ECB)からのより多くの緩和の見通しは圧力の下で、ユーロを維持しています。トレーダーらによると、この傾向はおそらく金曜日の米国市場の早期近くで別の落ち着いたセッションで継続されます疑い。オーストラリアとカナダの銀行の準備銀行はまた、先の週に、それぞれの政策会議を開催しています。ECBとは対照的に、FRBは12月に米国の金利をハイキングする可能性が高いようです。円に対して、ドルは123.77先週の3ヶ月の高に達した後、統合モードでかなり残り、122.65をフェッチ。商品の通貨は、原油高に一部のおかげで今週弾力性であり、投資家は、いくつかのベースメタルにはあま​​り弱気になりました。石油価格は色あせた中東の緊張をエスカレートする供給を中断する可能性が懸念として、利益の6日後の木曜日に落ち、フォーカスは、永続的な市場の供給過剰に戻りました。月曜日にトルコによってロシアのジェットのダウニングは上昇地政学的緊張が中東の供給を打つ可能性があり危険で今週原油価格を押し上げる助けました。

デイリーテクニカル分析
EUR / GBP(毎日)

2014年1月以来、この通貨ペアは、それが下方フィボナッチファン下回っているとして、クマの強力な制御を経験しています。なお、第3の抵抗線(61.8)を2回タッチすることができますが、その地位を強化して、再度削除されませんでした。0.7063周りのサポートラインを数回壊れていたし、任意のより信頼性の高いようではありません。それにもかかわらず、センターラインの下に移動していることがわかります確率の1を見て、いくつかの損失が可能であるかもしれないことを知らせます。

M3マネーや貸出のデータは経済見通しのためにかなり陽気

ドイツの外灘は鈍いセッションで昨日の最近の最高の周りに横に交換しました。米国市場で感謝祭のため閉鎖に取引ボリュームは非常に低かった。株式市場にプラスのリスクセンチメントが流れ、一部月末の延長によって相殺されました。M3マネーや貸出のデータは経済見通しのためにかなり陽気でしたが、トレーダーによるアクションをトリガーすることができませんでした。彼らは来週の積極的なECBの緩和について確信残ります。高い外灘契約(158.60)は手の届かないところに滞在しました。毎日の観点では、ドイツの利回り曲線上の変更は、1未満のBPの減少となりました。イントラEMUの債券市場では、ドイツ対10年の利回りスプレッドはとほぼ変わらなかったポルトガルは(-8 BPS)を上回ると、ギリシャは(9 BPS)アンダーパフォーム。

氏コスタ、ポルトガルの社会主義指導者は、政治的不安定の2ヶ月の期間を終了し、2極左政党でサポートされている少数の政府のポルトガルの新首相に就任しました。疑問がコスタの反緊縮政策について長引くされているが、投資家は政治的なデッドロックが終了した現在、幸せそうです。しかし、不安定性が中期的に返すようにリスク。

重要性の唯一のEMUの信頼性データ
今日では、エコカレンダーはブラックフライデーはまばらので、退屈な取引が最も可能性の高いもう一度結果があるトレーディングデスクを維持する米国で空のままです。ユーロ圏では、11月、EC経済の自信は 105.9で安定していることが期待されます。私たちが見る、コンセンサスに上向きのリスクを原因既に公開されて、より良い消費者の信頼に、予想されるPMIの今週初めにリリースよりも良いに。これらの国は、特にイタリアで、いくつかの追い上げはここ数カ月の間に見えたとしても、EMUの成長を遅れとしてフランスの消費者支出とイタリアの信頼性データは、あまりにも面白いです。通常、彼らはしかし市場に移動しないでください。ECBノット(オランダ)のスピーチは、取引のための金融の安定性、したがって、おそらく無関係についてです。しかし、過去に、オランダ中央銀行の見解は密接オーソドックスドイツ連銀のものにリンクされていました。最近では、ECB Lautenschlaegerとウェイドマン(ドイツ)は、より簡単に金銭不要と呼ばれます。結び目再び彼のかつての同盟国に参加し、社長ドラギの積極的な政策に向けて反対を拡大しますか?

イタリアBTPオークション:プレーンバニラ需要?
イタリアの債務機関は。実行時 ​​に5年BTP(€2-2.25B 0.65%Nov2020)と10年BTP(€1.25-1.75B 2%Dec2025)をタップすることで、今週の予定さEMUの結合供給を締結結合がrichenedイタリアの曲線ではなく、高価なオークションのランアップ、特に10年のBTP取引でASW-広がり用語インチ 周辺のリスクセンチメントが強いままでそれにもかかわらず、提供する上で量は、イタリアの基準では比較的低いです。したがって、我々は、プレーンバニラオークションを期待しています。別にBTPから、イタリア財務省は、実行上の7年CCTeu(€0.5-1B Dec2022)をタップ。

今日:もっとtecnically風の取引
一晩、ほとんどのアジア株式市場は、ブローカプローブと企業のデフォルトのうわさを広げ、弱い産業の利益の背面にある中国の不振(-5%)と負のトレード。一晩、米国のノート今後は、しかし安定した取引されています。負のリスクセンチメントがヨーロッパにこぼれた場合は、外灘の高い158.60契約のテストを引き起こす可能性があります。持続的な休憩のために、私たちはもっと根本的なニュースが必要であると考えています。

今日では、エコカレンダーは米国の空のままです。ボリュームがあるため薄く、スタッフのディーリングルームの感謝祭(翌日低いままですブラックフライデー)。EMUでは、唯一のEC信頼指標(アップサイドリスク)がリリース予定されています。このような状況を考えると、我々はコア債券市場でより技術的に風の取引を期待しています
。、株式市場に月末の延長買い感情を危険にさらす、安全な避難所は先に流れ、週末の、近くの抵抗レベル(外灘:158.60)、…それは1つが支配的であろうと言うのは難しいです。

技術的には、ファンダメンタルズ(ECB)とテクニカル要因(上昇トレンドチャネル)は、外灘のための強気のまま。我々は、しかし慎重に滞在し、まだ我々が高値 ​​(外灘)をテストになる場合は特にロング・ポジションの一部軽量化を検討してください。ドイツの10年の収率は0.50%以下であるとき私たちは、以前のように、ほとんど価値を参照してください。 T-注意未来がキー126から16のサポートをテストしたが、ない持続的なブレークが発生していません。クマは、おそらく別のテストのためにすぐに行くことはありません。
したがって、我々は米国債、あるいはすぐにロング・ポジションを軽くするために、当社の販売・オン・upticksを開催。

静かな取引米国の休日の後、機会がそこに

過去24時間以上の主要通貨市場での価格行動は非常に起因する米国の感謝祭の休日や重要なニュースやヨーロッパからの報告の欠如に限定されてきました。市場は昨日それを残し、同じ状態のままのようなとして、我々は、この朝を議論するために、新鮮なニュースや開発の面で少しを持っています。

トレーダーは自分のデスクに戻ったが、それは金曜日だし、リリースまたは我々はあまりにも多くを期待すべきではない、今日行われている他の重要な開発のためにスケジュールされたレポートの多くがないことを与えられますように今日は昨日に比べて増加した量と参加を参照してくださいする必要があります。しかし、これは特にGDPレベルのリリースとポンドは、いくつかの揮発性を刺激し、取引する何の機会がないことを意味するものではありません。

ユーロはかなり早く緩和のさらに別のラウンドに直面しているように、主バイアスはヨーロッパからの最近の報告は、中に1.0600レベル以上のビットと貿易を修正するために、単一通貨をよりよく見て絵を描いた、許可されるにもかかわらず、ドルの賛成で残ります日の過去のカップル。同時に、ポンドは英中銀の政策担当者からの最近のコメントは、その見通しが限られているし、ケーブルは次の短期ターゲットは1.5000領域の周囲に来る1.5100レベルのまわりいくつかの一時的なサポートを見つけたとしても、同様に米国の通貨に対して弱いまま。

最近の価格行動を見てみると、ユーロはわずか1.0600領域の上に一日の取引を通じて昨日横ばい。取引量、過去2日間の欠如は、ユーロが1.0600レベル以上の基盤を構築することができましたが、それは私たちが感情は弱気のままであることを忘れさせるべきではありません。バイアスは負のままで、マイナス面への次のターゲットは1.0520領域の周囲にあるので、逆さまに高い任意の修正、または任意の集会は、より高い価格で販売するための機会として扱われるべきです。

ケーブルは1.5100レベルの両側縁取り日の過去のカップルのための横に取引され、それは参加の欠如とポンドは1.5300エリアから多額のドロップ後のドルに対して浮いたままに許可されているすべての重要なニュースとなっています。ポンドの見通しはFRBが利上げを高めるためにした後、英中銀は次のバンクになりますが、今のところ、彼らは低インフレを懸念しているだけでなく、負のまま。今日のGDPのレポートは、いくつかの揮発性を刺激する必要がありますが、それはほとんどのアナリストの予想をミスしないようにあまり期待しないでください。

 

インパクトのための米国債ブレース

米国債は、そのヨーロッパの対応を追跡し、FEDミーティングの高い先を移動し続けます。ドラギは、債券市場にQEを約束しているので、負の歩留まりの領土に大胆な登山をするために、欧州債券のために理にかなっています。私はドイツの10yrがマイナスの領域に入った最後の時間が起こるものを思い出させてくれるが必要ですか?すべての投資家はカッコウを行っているわけではありません!まだ少なくとも。ユーロ債の上昇が続けば、私たちはもう一度、負の利回りをテストしてしまう可能性があります。ヨーロッパのための物語は非常に明確であるが、米国財務省の市場が同じ症状を示すべきではありません。下先物市場のボリュームには、物質との価格の動きを示唆しています。それはいつも私の腸内の妨害感をもたらします。真実は、シリアで荒れ狂う戦いにもかかわらず、投資家はすべての地獄は関係なく、トルコがダウンして撮影どのように多くのジェット機、緩んで壊れていないていないこと、比較的自信を持っているということです。連邦準備制度理事会の会議はこれまでに近い描くように、債券市場が厳戒態勢に残っている。それは米国の感謝祭で米国のトレーダーは、七面鳥の彼らの欲求不満を取るように、市場は、アクションの外です。それも、10ベーシス・ポイントの利上げが床に結合を送信するのに十分であるように、すべての地獄の休憩が社債のためにFEDの金利D-日に緩いかどうかを確認するために興味深いものになるが、真実が語られます。米Tボンド先物は見えないボリュームで1978年以来の最高価格です。私はこれらすべての先物を買っている人だろうか?債券離れて!

302

外国為替トレーダーのためのトレンド

1img

トレンドトレーダーお気に入りのETF市場の現在の傾向の状態を識別するのに役立ちます。これは、市場の方向の右側に滞在する私たちを助け、また私たちはトレンドのないものを避けるために役立つだけでなく、。強度を購入し、弱点を販売 – あなたも、あまりにも広がり行列としてグリッドを使用することができます。

ピボットポイント分析は単なるツールであり、他のテクニカル指標を使用する必要があります。これは、貿易を貿易を入力する、または終了するために使用され、平均真の範囲と組み合わせると強力なお金の管理ツールであることができます。あなたが取引を入力すると、あなたはリスク管理者であり、揮発性に応じて、毎週または毎日あなたの取引を監視する必要があり、もはやトレーダーではありません。あなたが取引を入力すると、あなたが間違っていると仮定し、市場はあなたが右であることを証明しましょう​​。これは多くのトレーダーに共通する傲慢と傲慢を減少します。よりよい取引にガイドとしてこれらのピボットポイントを使用してください。

あなたが仕事シートを調べたような傾向を確認した二本の矢が存在する場合、注意してください。それが長いか短いこと、近くには強い傾向を確認するために、2つの傾向を示す矢印の上または下に発生する必要があります。

短期トレンドは、デイリーピボットの3日移動平均です。長期的な傾向は、週刊ピボットです。だから我々は長期的なシンプルな週平均と移動平均短期を比較しています。

3×1は毎日ピボットの移動平均であることを覚えておいてください。あなたがdaytradingおよび3×1を介して、あなたの商品や金融商品取引の価格されている場合は、停止し、逆転することができます。

ルール:

3×1と7×5よりも価格> …購入

価格<3x1and 7×5よりも…売ります

3×1が、<7×5 …マイナー購入するには、価格>

7×5 …マイナー売り<3×1が、下記の>価格。

あなたはこれらのガイドラインを無視することを選択した場合、あなたはカウンタートレンドトレーダーになります。トレンドに対する取引に関連した通常より多くのリスクがあります。

強度を購入し、弱点を販売 – あなたも広がり行列としてグリッドを使用することができます。

結婚紹介所にも詐欺師が紛れている?

結婚の際に一々相手のことをサギかもしれないと疑っていたらそりゃあ、結婚なんてできないですよね。

詐欺師の立場になるわけじゃないけど、詐欺る方だって騙してお金を手にするまでは最低でも、バレるわけにはいかないでしょうから、騙し抜けるか、手が後ろにまわるかってしのぎを削っているんですから。

詐欺師も出会いの場からアプローチが始まるのですから、最近では合コンや結婚紹介所に紛れて登録されているらしいですから本当に予断なりません。

相手はプロですからこっちの目線からでは識別がつきませんし、「おや、おかしい!?」と気づき始めたころにはお金だけ持って行って行方を眩ましてしまうって寸法でしょうからね・・・

しかし、これが意外にも第三者に調べてもらえば、簡単に識別がつきやすいようです。

自分の角度から直接調べるには限界があって肝心なところが視角に入ってしまって結婚のために盲目になってしまう部分が興信所なんかプロに調べを入れてもらうことで、詐欺の予防策をすることができるんですよね。

その方法、結婚詐欺は被害に遭う前に対策・相談・調査 結婚詐欺師を撃退!を見ていろいろを結婚詐欺師の対策に勉強になりました。やられてから後悔しても遅いですから、今のうちにこうした対策をしておかないと、交際相手を見つける度に費用はかかるかもしれませんが、詐欺師に騙されてトラウマになって恐怖症からいつまで経っても結婚できないよりかはマシですからね。